菩薩とわたし

Hey!Say!JUMPといのおくん

BRUTUS「建築を楽しむ教科書」を読んだよ

 

実は、というかいまさらな話なのですが松村北斗くんのことがとても気になっている。

雑誌を買えば北斗くん。少クラ見れば北斗くん。音楽番組があればバックに北斗くんいないかな?

北斗くん北斗くんと自分のなかで気持ちが走り出してしまっている。

彼を見ているとリアルにキュンとしてしまう。これはジャニオタがよく言う「リア恋」というやつっぽい。

これがそうかーーとしっくりきた。しまった、落ちたーーーー!

もうこのまま伊野尾担降りして北斗くんに乗り換えちゃおうかな、

とぼんやり考え始めたころJUMPのツアーは全滅し、キントレと少年たちは当選し、

さらにドル誌のアンケートはがきを出したら北斗くんのプレゼントが当選するという北斗くんに乗り換えちゃえよ的な追い風が吹いていた。

 

伊野尾くんのこと嫌いになったわけではないしJUMP好きだし誰に迷惑をかけるわけでもないので静かに過ごしていたのですが買っておいて読んでなかったBRUTUSをやっと読んだ。

私は伊野尾くんが学生アイドルだった頃を断片的にしか知らないから卒業後~の姿が

自分の中での伊野尾くんの全てだったんだけどこれを読んで、すとん、とぼんやり空いていた気持ちの隙間にはまったきがする。

なんていうか今見ている姿はこうやってひとつひとつ積み重ねてきた伊野尾くんの努力やもがきからできてるんだな・・・

と、当たり前の成長過程なんだけども改めて知ることで魅力を再確認できたような感覚。

先生との写真の笑顔もすごく素敵。

ドル誌ではたまに目に生気が感じられないから不安になるんだけどこの顔を見ると先生のこと尊敬してるんだなぁ大学生活は大変だったろうけど充実してたんだろうなぁって。

そして今の姿があり、そんな伊野尾くんのファンになったんだったな~~~~~ちゃんと見ていなかったことをすこし反省した。

しっかり地に足つけてアイドルというお仕事してくれてありがとうしかない。

伊野尾くんは大好きなアイドルでただ存在してくれればそれでいい〜!!!

結論:伊野尾くん好きだな~~~~~~ということで落ち着いた。

毎度同じ結論に落ち着いてしまうのだった。

北斗くんはリア恋枠で応援したい。

リアルにそこにいるわけないのにリアルを感じるアイドルっていいよね!!あんなかっこよくてかわいくって美しい人、身近じゃないのに身近に感じるのが不思議な感覚。

次の現場はキントレだ!