菩薩とわたし

Hey!Say!JUMPといのおくん

12月の課金①

本屋に行った。

POTATOとWinkUp購入…今月も始まった伊野尾課金。
 
中身を見て、Pは即決。
サンタ…だってサンタだぜ…これは欲しい。
全体的にお写真が好き。直筆メッセージもある。
クリスマス感満載で、インタビュー内容もそれにまつわるお話。
すごく悩んで悩んでWも購入。
衣装のダサさを差し置いて、自撮りしてる姿がとてつもなくカワイイ。
こちらも直筆メッセージあり。
 
雑誌っていいな。
 
毎月毎月いろんなお話を知ることができて、
近況なんかをうかがい知ることができる紙媒体。
アイドルというとても遠くてよくわからない存在から
少し近い存在に感じることができる(錯覚)
 
最近、Twitterでお話していて、Myojoの10000字インタビューを読み返した。
これ読むだけで伊野尾くんの半分くらいは知れたような気になってしまう。
(これも錯覚)
デビューからいままでのJUMPのことを伊野尾くん目線で知ることができて、
新入りな私にはいろんな意味で勉強になる資料でもある。
あぁ、山あり谷ありだったんだな…!
ジャニーズ、アイドル、とはいえ華やかなことばかりではない。
辛いこともあるけど、そこは言いたくないって伊野尾くんの言葉から
彼の芯の強さを知る…(言いたくないって本当に言わないところがさらに)
 
大人になると日々がルーティンワークになってしまっていて、
何も新しいことなんてなくただ毎日を過ごしてしまう。
だから1年が短く感じる…
新しいことをどんどんやって、人生を長くしたいって考えて…
でもその、新しいことって特別なことじゃなくてよくて…
っていうくだりがすごく好きで共感もする。
 
実際、日々の生活で新しいことを見つけるのって割と難しい。
社会にでて、仕事を始めるとなかなかうまくバランスがとれなかったりする。
ルーティンワークにすることができればむしろとても楽に生きられると思う。
気持ちがルーティンについていかないときはしょっちゅうあった。
そんな生活で、あっという間に過ぎる一年を、
新しいことを見つけて、少しでも長くして。
楽しかったことばかりを話せるようになるって素敵よね。
だから今日も、笑顔で話そう。
 
いろいろ考えさせられてしまって、そして、さらに好き度が増す増す。
伊野尾くん発信てだけで沁みるー。笑
 
これからまた、新しい環境に変わるタイミング。
正直インド行きたくないわーと、2日に1回くらい考えるけど、
これ読んだら少しだけ、気持ちが軽くなった。
来年は長い長い一年になるだろうと思う。
 
今回、私の勝手な解釈も入っているのであしからず…
 
 
 
大槻ケンヂが好き▽
辛い時や、迷った時、いつも大槻ケンヂのエッセイを読む。
読書は得意ではなくて小説も苦手。
でもエッセイは好き。大槻ケンヂが好き。
 
「神菜、頭をよくしてあげよう」
というエッセイがある。
これはいい意味で開き直ることができるのでなにかとお世話になっている。
よっしゃ、やるか、と気持ちが吹っ切れる。
 
そろそろ読みたくなってきた。
 
あれ、また課金してしまった…
ということを書くつもりが人生の語らいのようになってしまった。
お恥ずかしい。