菩薩とわたし

Hey!Say!JUMPといのおくん

グミが好きだ

 
グミ好きになったのは大人になってから。
お菓子の中ではカロリーが低いし、コラーゲンがたっぷり、というところに惹かれた。
肌のハリの後退を・・・少しでも・・・お菓子で補給できるなんてすばらしい。
 
たくさん種類があるからいろいろ食べてみたけど、割と当たり外れがある現実…
ひとつ食べてみてダメだ…っていうのもあって、そういうのは捨てちゃったりして…
(歯ごたえある系はゴム臭かったり、中に入ってる系はグミ部分が少ない、妙に科学的な甘い匂いがするとか)
 
そして好きなグミ、ベスト3を勝手に発表します!
 
3位!GOLD BAREN (HARIBO)
ドイツの有名なグミ、クマの形のよく見るタイプ。
外国のお菓子!って感じのおしゃれパッケージで見た目も好きです。
固めで、ちゃんとフルーツの味もして、クマの形もかわいい。
味がミックスなのも嬉しいところ。
価格をみるとちょっと高いな〜という印象だけど、
内容量を考えると気になるレベルではない。
ドイツに行った時、大量購入した。
すぐ食べちゃったけど。
 
2位!ピュレグミ(カンロ)
甘酸っぱさと食感が魅力的!!
グミ界では唯一無二の存在。甘酸っぱフルーティー。
シゲキックスというグミが子供の頃に流行って、すっぱさという共通点はあるものの、フルーティーさが違う。
(もちろんシゲキックスも試したけど大人になった私には刺激が強すぎた)
季節により限定味もあるので、見つけたらすぐ買う。
 
1位!果汁グミ(明治)
インドに持ち込んだグミの8割はこれ。
ダントツで美味しい。
超フルーティー。グミといえば果汁グミ!!
ブドウと、最近出てる(まだあるのか謎)シャルドネが好き。
ちなみに今はイチゴ味を食べながら書いている。
↑1位なのに好きすぎてどこが好きなのかあまり言えない・・・
 
伊野尾くんの好きなところも聞かれると言えないので、
好きなものに理由をうまくつけられないんだなと実感・・・
 
ということで船便でもたくさん送って、キャリーにもたくさん入れてきた。
出かける時にはカバンにグミが入ってるのでもし私に会うことがあれば、
「グミ食べる?」と聞きますのでご了承ください。
手で掴まないで袋からうまく出すから安心してください・・・
 
 
▷インドのドライバー▷
インドの移動手段は基本的にタクシー。
駐在の人たちは専属のドライバーを雇っている人がほとんどで、電話やメールで予定を確認している。
 
まぁ、評判は良くないもので
(日本のタクシーとのギャップが大きくて不満が出てしまうだけなんだけど)
今日、ヨガの見学に行くつもりで言ってあったのに来なかった・・・
電話もつながらないので菩薩に電話してもらったらつながるっていうね。
時間を30分間違えてて、まだ着けないということだった。
いや…間に合わん。
 
とりあえず待ってみたけど30分たっても来なかった。
10分で着く距離だから、余裕みてあったのにダメだった。クソォ。
 
やはりインドで洗礼を受けた。
少しインドが嫌いになった。
 
明日はいい日にしたい。