菩薩とわたし

Hey!Say!JUMPといのおくん

Noと言わない文化。

 
伊野尾くんハンガーが無事に海を渡り、
インドへとやってきた。
届いた伊野尾ハンガーを見て菩薩が絶句していた。送るって言ったのに。
とりあえず折れることなく、しわしわになることもなく、ツルピカで届きました。
嬉しい…!
飾って愛でてたまには服を着せてあげるね!!!
 
さて、以前にも少し書いたと思うのですが、
インドでは移動手段としてドライバーを雇い、車を使うことが多い。
(地元の人は原付やリキシャーを使っている)
電車やバスは危険だし、なんせ暑いのであまり歩き回りたくはない。
我が家では、菩薩の送り迎え+昼間に出かけるときは乗せてもらうという感じ。
 
前は若くて黙々と働く若い兄ちゃんドライバーだったんだが
コイツが嘘つくしサボるし言い訳だけは達者でどうもソリが合わなくて・・・
会社の事情で新しい人が来ることになった。(ラッキー!)
 
インドの文化のようにも感じるけれど、彼らは「No」と言わない。
むしろ「Yes」とも言わない。「Ok」と言う。
まったくもうはっきりしないのだ。
「No」と言わないのは彼らなりの気遣いなのだろうと思う。
優しさなんだと思う。思うけれど、この気遣いが面倒なのだ。
はっきり言わないインド人と、はっきりしてほしい日本人(私)
うまくいくわけないぞ・・・絶望・・・
 
新しい人が来て、一週間くらいだけどいまのところは
なんにも問題なく真面目に来てくれているので安心している。
来てくれないと出かけることができないので死活問題・・・
 
結論:車に乗せてくれるならなんでもいいんだ 。
 
 
 
 ▷英語学校の申し込み完了▷
3月から通うことになった。
何度も行ってると、受付のコツを掴んできて、
クラス分けテスト→申し込みの手続きはとってもスムーズだった。
質問するときはまごまごせず、わかってないけど堂々と!これポイント。
インド人を見習ってそのようにしている。
そしたらうまくいった。
 
始まったら毎日緊張しそう・・・
 
 
また学生になるのかぁ・・・