菩薩とわたし

Hey!Say!JUMPといのおくん

SODA最高。あと10冊買いたい件。

 

半年ぶりに帰ってきた実家には雑誌の山があった。

半年分ってこんなに多い?とビビったのだがアイドル誌以外にドラマ関連でテレビ誌もあり、伊野尾くん単体の雑誌も多く、まぁ文字通り山積み。にもなるわなという感じ。

 

ドル誌はすぐ手にとって何も考えずに楽しめるんだけども、

それ以外のものはなかなか手が出せずに、目の前にあるのに読まずに大事にとっておいてしまう。

写真もそうだし、インタビュー内容も切り口がドル誌とは違い、まじめに答えている感じがある。

(決して「いつも適当」なんて思っていない。適当に見せて相手を安心させて懐にスッと入る伊野尾くんのコミュニケーション法なんだと思っている。重い話題こそ笑って話したいとかそんな感じに見える)*1

声のトーンが違うというか、一人だと話してる表情も違うはず。*2

最近のものではHとSODAはまだ飾っていて読んでいなかった。

なんだかもったいなくて。未だHは未読。

やっと読んだSODAが最高だった。

好き。好きだわ〜。増す。好き度が増すんだって。

だからこの手の雑誌をなかなか読めないのかもしれない。

伊野尾くんはまだまだ知らないことをスッと目の前に出してくる。

 

さてSODA9月号。

表紙もすごい。伊野尾くんの被写体としての魅力って宇宙並&ブラックホールかな?

伊野尾くんを知らない人でも「これ誰かな?」と手にとるほどの素敵な写真。

 

昨日、TwitterのSODAアカウントが裏話を流してくれて読んだんだけども、

パブリックイメージ以外の表情を引き出す」というテーマを見事に体現していて

納得しかなかった。

(妖艶な姿のままケーキをもぐもぐってそんなオタクが好きなネタまで頂いて・・・

SODA様あざーっす!!!!)

 

中の写真も素敵で、赤い服でゴロンしてるのも好き。

P4,5の白いお花と伊野尾くんに至っては「は?表紙の人と同一人物なの?」

と思うほど表情も雰囲気も全く違う。

花と衣装、あと背景の白と黒。

正反対な空間で伊野尾くんの表と裏を見せてくれているような。

(私がコンサートで見たのは黒かなと←もちろん引きずり中)

 

インタビューでは、やっぱり伊野尾くんは面白い人で、どんどん掘りたくなる興味が湧く湧く。

アイドルとしての顔がもちろん大好きなんだけども、自分の中で大好きな大槻ケンヂと並べている部分があって。*3

そういう目線で心を鷲掴みされている人がここにいるので、きっとこんな人が世界中にわんさかいるんだと思う。だからここで言いたい。

伊野尾くんの文章が読みたい!!!!!!

雑誌連載してほしいよ〜エッセイ書いてくれよ〜

数あるドル誌の伊野尾くんのコーナーをひとつリニューアルしてほしいよ〜!!!!

う~~~ん・・・無いな。

 

はっ

話が逸れましたが今回のSODAがとても好きだというお話でした。

因みに一冊しか買ってませんごめんなさい。気持ちだけ。*4

 

▷日本を満喫している▷

毎日のように人に会い、話をして、ご飯をお腹いっぱい食べている。

帰国時すぐ、母に「ひとまわり大きくなった」と言われてしまったのに、

ここ10日ほどでまた大きくなってしまったような気がする。

美味しいご飯って恐ろしい。

 

*1:安定のモンペ芸

*2:うまく言えないけど今回のインタビューで話していることからもなんとなく感じるものがある。

*3:参照:過去ブログ

オーケンが好きな話。 - 菩薩とわたし

*4:同一雑誌を複数買うことはしないようにしている