菩薩とわたし

Hey!Say!JUMPといのおくん

僕らのご飯は明日で待ってる、感想などなど

 

今年初映画館へ。 

2016年も、年初めに映画館へ行ったのはゆうとりんの「ピンクとグレー」だった。

今年もゆうとりんではじまった!

 

原作は未読です。

予告は数回見た程度、予告を見た限りでは「ほー、少女漫画てきなやつかな」「ゆうとりん出てるから映画館行こう」「新木さんの雰囲気すきだなぁ」

 そんな感じだった。

 

個人的映画の好みとしては、あまり奇抜でないもの(奇抜でもうるさくなくてハッピーなもの)、日常の風景、景色や風合いが優しいものが好き。

とりあえずハッピーエンドか前向きな、後味の良い映画が好み。

 あ、これ何回も言ってるかも。

 

まず本編の前にスクリーンで「ジェイストーム」を聞くとは思ってなくて驚いた。笑

やっぱりあれって音量大きいよね。DVD見ててもびっくりするもん。

 

ー以下感想。すこしネタバレあり。

最初の屋上のシーンがまず素敵だった。

第一印象で雰囲気が好きだな〜と感じた。

だいたい第一印象が良ければとてもポジティブに観ることができる。

まずゆうとりんがピングレよりレベルアップしてた。

私は今回のこの役のゆうとりんが好きだった。

ネガティブで暗いこの役がいい意味でとてもはまっていたように思う。

 HOPEの役もそうだったけど、悲しみや挫折を抱えた心を閉ざした青年役がすばらしくしっくりくる…

超アイドルなのに…不思議だ…

映画の中で何度も見られるんだけど、彼の伏せ目って感情に含みがあるというか豊かというか美しいよ〜ほんとに〜美〜

あと、気になったのがタイ旅行のシーンは何シーンかゆうとりんだよね?笑

カメラ構えてるところとか亮太くんじゃなくなってるとこあるよね??

 新木さんと並ぶ絵面も最高でした。

 

「僕らのご飯は明日で待ってる」という意味に自分の中でつながったとき、とても感動した。

予想してたような少女漫画展開ではなくて、全然嘘くさくないストーリーでかなり好みでした。

いいなぁゆうとりん。

ピーチガールは直視できなさそうでこわい)

今年もさっそく素敵な映画を観ることができたので幸せ。

今年はたくさん映画館へ行くことになりそうだ〜!

 

▷今年初のジャニショへも行ってきた

ギミラ、カウコン写真を買ってきた。

いのおくんかわいい!!!!特に寝そべってるやつ!!

あと、髙木くんとの写真が好きすぎて待受にした…!

空いていたのでJr.コーナーもまじまじと見てきた。見る範囲が増えると楽しみも増す!!

ジャニーズ楽しい〜!!