菩薩とわたし

Hey!Say!JUMPといのおくん

「どうでもいい」という言葉の破壊力

こんにちは。お久しぶりです。
最近はジャニヲタと言ってもいいものかわからないほど、ゆるゆるな日々を過ごしています。
JUMPの新譜等は買ってはいるものの、開封してはみるものの、楽しむ時間はあまりない感じです。
でもまぁ、そこそこ楽しんでいる。

久しぶりでなんですが、今日は菩薩の話。
ただの夫婦喧嘩のはなしです。

昨日からささいなことで雰囲気が険悪になり、今日まで引きずって、さらにどん底の険悪モード。
今までも半年に一度くらいドカーンと大きめの喧嘩をしてたけど、それです。
前回は子供連れて家出した。寒かった。
たぶんお互いに普段はなんとなくやりすごしていることを、何かのきっかけで溢れ出してしまう。

男女の脳の違いとか、考え方の違いと言ってしまえばそこまでなんだけど
夫婦なんだし家族だし。分かりあえたらいいなと理想を抱いているんですよ。
それが菩薩にとっては面倒なんだろうなと。
ちょっと話をしたい、というだけなのに「で?どうしたいの?」「結論から言って」とまくし立ててくる。
最後まで聞いてよと言っても同じことしか言わない。理系だから理詰めで追いやってくる。
こちらとしてはざっくり「こういう話をしたい」と話し合いを希望していて、話をしていく中で自分の気持ちに気がつくこともあるし、新たに疑問もでてくるものなのでは?と思っている。
1+1=2じゃなくてそれ以上になればいいと、二人で結論出せばいいじゃん的な前提で話を始めている。

しかしながらすぐに結論を求められるので、そうじゃない、二人で考えたい。と軌道修正しようとしても「だからさ、どうしたいの?」「どうしたいか言ってくれたら答えるよ」と詰めてくる。まじで上から目線だな。思い出したらイライラしてきた。

お互い気持ちを伝え合って、それから考えたいのよ。君がなに考えてるのか、どう思っているのか知りたいだけなのよ。
「どう思ってる?」と聞くと、私がどうしたいかばかりを尋ねてくる。
私はあなたが思っていることを聞きたいだけ。
それだけ。
それでも言わない。なぜか言わない。なにも考えてないのかな。わかんないのかな。馬鹿なのかな。

これ以上どうすることもできないと諦めて、話を終わらせた。
それから同じ部屋にいるのにお互いを無視して過ごして、菩薩はずっとタブレットとにらめっこしている。子供のことも無視している。
ついさっきなにしてるか聞いてみたら「動画みてる」だと。
「さっきの話も子供のことも私のこともどうでもいい?興味ない?」と聞いたら
「うん」と返答。

どうでもいいって破壊力すさまじいよね。完全に入り口を封鎖されてるかんじする。
自分で聞いといてな。がっかりする答えしか帰ってこないのわかってるのに。
私はともかく子供のこともどうでもいいのかーーーしんどーーー
子供連れて家出したいわーーー

…という気持ちを落ち着けるためにブログにきました。
おしまい。